02
“働く”を通して、
かっこいい
自分であり続けたい。
profile
profile

宮田 吉朗

コンサルティング事業部/2019年入社

神戸市外国語大学 外国語学部 英米学科卒。入社後は既存業務に携わりながらプログラミングを独学で勉強。現在はそのスキルを活かし、HPの運用・保守、SNS広告やマーケティングなど、これまでのイーバリューにない道を開拓している。
仕事って楽しいですか。
本気が、
仕事を楽しくする。

イーバリューに入社したのは、人と環境に魅力を感じたでした。もともと、働く=大変という、少しネガティブなイメージもあり、就活の際も確固たる軸はありませんでした。そんな中でも、社員全員がやりがいを持って仕事に取り組んでいることや、選考を通して自分自身をしっかりと見てくれたことから「ここでならきっと楽しく働ける」と入社を決めました。
しかし入社1年目に、挫折が訪れました。営業で思うように成果が出ず、周りの同期と比べても仕事ができていませんでした。お給料をもらって働いている中で、自分の実力が足りず成果が出ない。仲間たちは先へ進んでいく。そんな状態に居心地の悪さを感じていました。
ある時、そんな状況を見かねたベテラン社員の方に、付きっきりで業務を見てもらうことになりました。アドバイスをいただくうちに次第に成果が出始め、オンライン商談の獲得件数でついに社内で一番の成績を獲得。「自分だってやればできるんだ!」と手応えを感じるのと同時に、今まで本気になれていなかったことにも気づきました。「この業務は自分に向いていない」とどこか逃げ腰で、熱中できていなかった。でも、これが成功体験となって自信が生まれると、不安も消え、つまらないミスも減っていきました。それが再び自信につながる、といった良いサイクルが生まれたことで、仕事自体も次第に楽しくなっていきました。本気でやったからこそ、仕事への向き合い方が変わったんだと思います。

喜んでくれる人はたくさんいますか。
仲間が喜んでくれた。
その経験が、
自信につながった。

現在は、簡単に言えば社内SEという立場です。プログラミングを使って社内の作業や仕組みをシステム化したり、HPの運用保守を行ったり、SNS広告を使って採用プロジェクトに参加したりと、システムに関わる業務を担当しています。これは、イーバリューでは誰もやってこなかった領域です。きっかけは、先輩社員の方に「プログラミングとかやってみたらどう?」と勧められたことでした。実際に勉強を始めてみると、すぐにのめり込んでいきました。学べば学んだ分だけ成果が表れる、ということが面白く、寝食も忘れるくらい熱中していました。
徐々にプログラミングの知識がついてきた時、社内の方から「経理業務をシステム化できないか」という依頼がありました。実は僕自身、1年目にその業務を担当したことがあったのですが、自分にとっては難しい業務で、覚えるのに苦労したり、ミスが発生したりと、時間がかかっていました。たしかに、システムで自動化できたらきっと楽になる。そんな想いもあり、「やってみます!」と仕事を受けました。試行錯誤しながらも、システムが完成。これまで4時間以上かかっていた業務がなんと10秒ほどでできるようになり、経理の方は「言葉にならないくらいすごい!」と喜んでくれました。何の知識もなく、一から勉強したことで、成果が生み出せた。それが誰かを喜ばせ、自信や誇りになった。この経験を通して「ああ、これが仕事なんだ」と仕事の醍醐味を実感することができました。

はたらくって幸せですか。
働くことで、
かっこいい自分になる。
それが幸せにつながる。

これからの目標は、会社を変えていくこと。プログラミングにも通じますが、課題解決が好きなので、会社の課題を見つけて解決したい。そして、周りに良い影響を生み出していきたい、という気持ちがあります。
例えば、イーバリューで推奨されているランニングもその一つ。もともと走ることは好きではなかったのですが、周りから誘われ断り切れず、正直初めは仕方なく走っていました。でも走ることで周囲の評価が変わっていったんです。「宮田が走っているから自分もやろう」「宮田が頑張っているから頑張ろう」と言われることが増えました。自分の行動が、誰かの行動に影響を与えていく。それが喜びに変わっていきました。これからは自分が良い影響をさらに波及させていくことで、イーバリューの中で新しいスタンダードをつくっていきたいと考えています。
仕事は、工夫したり勉強したり、自分次第で良くすることができます。ごませないからこそ、頑張った結果が本当の自分だと思うんです。努力して、成果を出す。それがかっこいい。そんなかっこいい自分を、周りの人たちにも見せたいし、自分自身もそうあり続けたい。もちろん悩みはありますが、自分ならきっとできると思える。だからこそ今、働いて幸せだと言い切れます。

ENTRY
リクナビからエントリーする場合はこちらから

エシカルメディア

真っ当(エシカル)の価値と可能性を追求し、
世の中に発信するオウンドメディア 。
イーバリューをもっと知りたい方は、こちらから。

MORE
PHILOSOPHY
私たちの理念
BUSINESS
私たちのビジネス
ESSENCE
私たちの価値観
CULTURE
文化・制度
RECRUIT INFO
採用情報