【イベントレポート】コミュニケーション型採用マッチングイベント『環境就活2022』

22卒コミュニケーション型採用マッチングイベント『環境就活2022』を開催しました。
今回は当日の様子と、ご参加いただいた方々のご感想・ご意見を一部ご紹介いたします。

『環境就活2022』開催の経緯

2020年7月からレジ袋の有料化が義務付けられるなど、ビジネスや消費活動における環境への配慮が、見直されつつある今、学生の中でも環境に対する感度が高まっています。加えて、国連で採択された「持続可能な開発目標-SDGs-」について、大学の授業やゼミで学ぶ学生も増えてきています。そこで、『環境活動やSDGsに取り組んでいる企業と出会いたい学生』と『環境に興味がある学生・情報感度が高い学生を採用したい企業』双方のニーズを掛け合わせて生まれたマッチングイベントを開催しました。

イベントの特徴

コミュニケーション能力と戦略思考力が問われるカードゲーム

本イベントの前半で、学生は『2030SDGsカードゲーム』を通して、SDGsについて学びます。パラレルワールドの中で、お金と時間を使ってチームごとで活動し、SDGsの“17の目標”を達成していくゲームです。他チームとの交渉が発生したり、カードの使い方に工夫が必要だったりするため、学生のコミュニケーション能力や戦略思考力を計ることができます。こちらのゲームは、SDGsの取り組みのきっかけとして、多くの企業・自治体・学校で開催されて3年間で10万人を超える方が体験しています。SDGsを学ぶだけではなく、組織の理念浸透、チームビルディング、コミュニケーション、リーダーシップ開発にも多くの気づきを得ることができます。

学生と採用担当のコミュニケーションを活発に

ゲーム終了後は座談会を行い、全ての学生と話していただけます。また、座談会の長さや、スタッフの働きかけ、イベントの構成などを工夫することで、一般的なイベントよりもラフな雰囲気で進行します。そのため、学生との双方向のコミュニケーションが取りやすいイベントとなっています。

対面での実施と新型コロナウィルス感染症対策の徹底

当イベントでは、新型コロナウィルス感染症対策のため、来場者への検温・手指の消毒を実施。飛沫防止のためのマウスシールドの配布、参加者への着用を義務付けた上でイベントを行いました。コロナ禍であっても、対面で話がしたいという採用担当者様・学生双方のご要望にお応えしました。

イベントの様子

ゲームのプレイの仕方で学生の個性が表れる

ゲームが始まると、それぞれのチームが目標達成のために動き出します。慎重に戦略を考える、とにかく今できる行動を全て行う、チームで行動する、それぞれが交渉のために他チームを渡り歩くなど、ゲーム中の行動に学生の個性が表れます。笑顔がこぼれたり、思い通りにいかずにに焦ったり、表情豊かに熱中して取り組む様子が印象的でした。

ゲーム後半、自チームの目標を達成したチームは、他チームの目標達成に協力したり、さらにできることはないか考えたり、最後までゲームを楽しんでいました。

企業PRの後は、座談会でラフにコミュニケーション

今回は、出光リテール販売株式会社ファインオイル西日本カンパニー様、株式会社トーエネック様、株式会社明輝クリーナー様にご参加いただきました。カードゲーム終了後の企業PRでは、1社5分間で3社様に順にプレゼンテーションをしていただきました。学生は質問事項や気になる点をまとめながら、興味深く話を聞いていました。

その後の座談会では、学生8名程度の3つのグループを企業様がまわり、全員と話をします。できるだけ深くコミュニケーションをとっていただくため、座談会の時間は15分間と長めに確保。また、座談会中の話題の一つとして、『トークテーマカード』を利用する企業様も。カードには、企業や就活についての様々なテーマが記載されています。業務内容や会社の取り組み、雰囲気等の質問から、就活相談、個人的な会話など各テーブルで盛り上がりました。

『環境就活2022』の感想

イベントに参加した採用担当・学生のみなさんの感想をご紹介します。

〇採用担当者様

  • オンラインではなく、直接学生と話ができてよかった。
  • 早期ということもあり、意識が高い学生が多かった。
  • ラフな雰囲気で会話が弾んだ。
  • 「2030SDGsカードゲーム」は見ている方も楽しめた。
  • 「2030SDGsカードゲーム」を自社の選考でも取り入れてみたい。

〇学生の皆さん

  • 興味のある企業、業界が増えた。
  • SDGsのことについて楽しく知ることができた。
  • カードゲームを通して、一人ひとりの行動によって世界が構成されていることを学べた。
  • SDGsカードゲームも、企業様のPR及び座談会も非常に勉強になる内容だった。
  • 同学年の他大学の人と関わることも貴重だった。
  • SDGsが経済や社会、環境に与える影響の大きさも感じることができた。

今後イーバリューでは、引き続き採用イベントを開催していきます。ご興味をお持ちいただいた企業様は、ぜひお問合せください。