業務を教えるだけではない!ブラザー・シスター制度の実例をご紹介

「ブラザー・シスター制度」というものをご存じですか?人材育成制度の1つで、昨今では様々な企業でも導入されています。人材育成制度としてよく知られているOJTが業務面のみのサポートであるのに対して、この制度は業務面だけでなく、精神的な面もサポートするという特徴があります。イーバリューの実例も交えて詳しくご紹介します。

ブラザー・シスター制度とは?

新入社員の定着率を上げる制度

ブラザー・シスター制度とは、先輩社員が新入社員を業務と精神的な面でサポートする人材育成制度です。同じ職場、同じ部署の先輩社員を男性社員が担当する場合は「ブラザー」、女性社員が担当する場合は「シスター」と見立てて、新入社員の指導役となります。

この制度を導入する目的は、新入社員の会社への定着率を上げることです。ブラザー、シスターとして業務面と精神面でのサポートを行うことで、新入社員が業務の疑問点や不安、悩みを相談しやすく、問題をすぐに解決することが出来るため、新入社員の離職を防ぎ、定着率を上げることに繋がります。

導入するメリット

ブラザー・シスター制度では指導役の先輩社員が業務面と精神面でサポートすることから、密なコミュニケーションを図ることができます。それにより大きく3点のメリットがあります。

1点目は、新入社員の心理的安全性の確保と精神面でのサポートが出来ることです。新入社員1人に対して、1人の指導役の先輩社員が付きます。毎朝のすり合わせでは業務のことはもちろん、社会人生活を送る上での不安や悩みを相談することも出来るので、新入社員が安心して業務に取り組むことできます。

2点目は、会社の価値観を伝えられることです。会社のマインドや価値観をブラザー・シスターとの密なコミュニケーションの中で伝えることができます。価値観のすり合わせも出来るので、新入社員に早い段階で会社理解を深めてもらうことが可能です。

3点目は、仕事の基礎を伝えられることです。スケジュールの組み方や業務の優先順位の決め方、タスクの管理など、仕事の基礎となる部分もすり合わせを通して伝えることができます。きちんとした仕事の「型」を身に着けることで、効率よく確実な業務を行うことができ、達成感を得たり、成功体験をしやすくなります。

これら3点のメリットにより、新入社員の早期離職の防止にも繋がります。

イーバリューの導入事例

なぜイーバリューが導入したのか?

イーバリューがこの制度を取り入れたのは、セルフマネジメント型組織の導入がきっかけでした。これにより、部署や役職が廃止され、上司部下の関係性がなくなりました。弊社では新入社員に近い先輩社員がブラザー・シスターとなり、業務面と精神面でサポートを行い、新入社員の指導体制を確保しています。指導を通して、イーバリューの雰囲気や価値観などの理解が深められるよう、OJTではなく、精神面でもサポートが出来るこの制度を導入しました。

実際の効果

実際にブラザー・シスター制度を行ったメンバーから、具体的にどのように進めていたのかなど、エピソードを交えて聞きました。

 

まとめ

最後にポイントを改めてお伝えします。

  • ブラザー・シスター制度とは、人材育成制度の1つで、同じ人材育成制度として有名なOJTが業務面のみのサポートであるのに対して、業務面と精神面でのサポートを行う。
  • 導入の目的は、新入社員一人ひとりに指導役として先輩社員が付くことによって、悩みや不安を相談しやすく、会社への定着率の向上が期待できる。
  • 導入のメリットは、密なコミュニケーションにより、新入社員の心理的安全性の確保と精神面でもサポートができること、価値観を伝えて新入社員の会社理解を深めること、仕事の基礎を伝えることで、仕事における達成感を得たり、成功体験を積めること。この3点のメリットで、早期離職の防止に繋がる。
  • ブラザー・シスター制度を通して、新入社員はもちろん、指導役の先輩社員の成長にも繋がる。

いかがでしたか?

ブラザー・シスター制度を通して新入社員はもちろん、先輩社員にとっても成長のきっかけとなっています。