小さな行動の積み重ねで、新しい基準を作っていく

経理担当としての業務をこなしつつ、最近では、採用支援事業で就活生を対象にしたイベントの企画や講師も務める入社4年目の太田。徐々に活躍の場を広げる彼女ですが、入社してしばらくは、なかなか達成感を得られない日々が続いたといいます。そんな彼女が自分を大きく変えた出来事や、入社から現在に至るまでの話を聞いてみました。

働く人の”熱さ”が入社の決め手

就活生のころは、業界を縛らずリクルート会社から紹介してもらった会社や、自分で探した企業など幅広く選考を受けていました。最初はイーバリューもその中の一つでした。入社の決め手になったのは最終選考後の懇親会。先輩社員である永野さんがご自身の仕事観・仕事に対する姿勢について熱く語ってくださったんです。当時、「企業理念がいかに浸透しているか」「切磋琢磨し高め合えるような人間関係があるか」を大切にしていた私には、その様子がとても素敵に思えました。聞く話がどれも「確かに!」と刺さるものばかり。何より永野さんの「熱さ」を感じて、一社員がこんなに情熱を持っているのであれば、きっと他の社員の皆さんも熱い仕事をされてるんだろうなと思いました。他社では売っているサービスや商品については説明してもらえますが、選考の中で「人」の部分をたくさん見せていただき、「一緒に働きたい!」と思えたのはイーバリューだけでした。

入社後から感じていた、活躍できないもどかしさ

実は入社した頃からずっと、活躍できていないことにモヤモヤしていました。就活の相談に乗っていた後輩学生の前では明るく振舞っているけれど、会社では自己開示ができずにネガティブになってしまうことがあったり。同級生は他の会社で結果を出して活躍しているのに、自分は会社で落ちぶれているんじゃないか、と考えてしまったり。そうした社内外で見せる自分のギャップがすごく嫌でした。だからといって、会社の人に対して自分が思っていることや悩んでいることをさらけ出して自己開示すると嫌われるのではないか?と思ってしまい、ずっと猫をかぶっていました。

ミスが許されない業務、プレッシャーが苦しかった時期

なかなか自己開示できないことに加わって、自分を追い込んだのが先輩社員から経理業務を本格的に引き継いだことです。求められるレベルが今まで以上に上がりましたし、経理はミスが許されない業務です。お客様ごとに対応方法が変わったり、覚えることも今までとは比にならないくらい多くあります。キャパぎりぎりの中で小さなミスが出てしまうと、それが大きなミスに繋がってはいけないので、先輩からかなり厳しいフィードバックを頂くんです。注意されることに慣れていなかったというのもありますが、私にとってはそれがどぎつくて(笑)プレッシャーや都度頂くフィードバック、なかなか達成感が得られないことなどが重なって、今思うと一番つらい時期でした。ただ、先輩は1年目としてではなく、経理担当として育てるために接してくださったこと、経理という業務ではここまでやらないといけないんだという徹底ぶりを、あえて厳しく教えてくださったんだと振り返って感じます。

自分を変えた、同期の果敢に発言する姿

ずっと心にモヤモヤを抱えた中でも、やっぱり私も評価されたいという気持ちがありました。でも行動できない、そんな自分を変えたきっかけは同期の姿でした。あるとき、ディスカッション形式の朝礼の場で、同期が一生懸命発言するのを見て「自分も発言しないと、変わらないと。このままだと、ずっとできない自分のままだ!」って思ったんです。私がどこで頑張れるのかと探したときに、全社会議ですごく良い意見を出せるわけでもないし、まずは朝礼の場や、お昼休みの場でのアウトプットしかないと思いました。そこから、聞いている人の記憶に残るよう朝礼では必ず2回発言するようにしました。そうすると周りから「良いね!」と言ってもらえることが多くなって、自己肯定感が上がっていったんです。

「人の目が届かないところ」こそ一生懸命に

また、同時期に取り組んでいたことがオフィスの整理整頓です。評価されたいと思うばかりではなく、まずは誰にも評価されないようなことを一生懸命やろうと思い、バックヤードや備品の整理整頓を始めたんです。そうすると、見てくださっていた人から「ありがとう」と言っていただいたり。活動が発展して今では整理整頓プロジェクトという、社内を整理整頓して働きやすいオフィスを作るプロジェクトの一員になりました。相手の期待に応えるために一歩踏み出す、相手に喜んでもらう、それが自分の誇りになる、そんな良いサイクルが自分の中で回りだしました。

自身の「成長」のきっかけになった新しい業務

良いサイクルが回りだすと、新しい業務も任されるようになりました。それは「学生対象の就活イベント企画・講師」という業務です。以前に学生に対して面接練習などを指導していたことを何気なく先輩に話していて、それがきっかけで「学生集客のためのイベント講師をやってよ!」とお声がけいただいたんです。正直「いや、ブランクもあるし…」と思いましたが、任せていただけるんだからまずはやってみようと、担当することになりました。

「学生のためにできることは全力で」それが私の真っ当

これまで就活生向けのイベントをいくつか企画してきましたが、形式的にやりたくなくて、本当に就活生のためになる内容を組み込めるよう、考えています。このときイーバリューの価値観である「真っ当」を体現できているのではないかと思います。私にとっての真っ当は「できることを最大限にやる」「ずるをしない」「手を抜かない」ことです。学生の成長のためにできることは全力でやる、それが原動力になっています。あとは単純に「どうやったら相手が成長できるか?」を考えている時間がとても楽しいです。

就活生との関わりで自分の幅が広がった

以前、イベントを通じて自身の成長を感じた経験がありました。最初は小さな声で話していた学生が、自分のもとへ「フィードバックが欲しいです!」と言いにきてくれ、私が言ったことをきちんと落とし込んでハキハキと話すようになりました。その時は、学生の成長を見て嬉しくなりましたね。今まで経理担当として数字とにらめっこしかしてこなかったのですが、この経験を通して、人前で話すことや、相手の様子を見てフィードバックすること、時には厳しく伝えることなど自分の幅が広がった気がします。

小さな行動から、自分が基準を見せる

今は就活生を指導することが多いですが、春からは新入社員への指導にも力を入れたいです。私自身、整理整頓やアウトプットすることなど小さな一歩を着実に踏むことで、自分を変えることができたと思っています。ですので、新入社員にも元気な挨拶をすることなど、小さなところから私が行動で見せていこうと思います。また自身が成長し続けることでプロジェクト内や社内外で存在感を発揮し、会社の基準を作る社員になりたいです。

プロフィール

神戸市外国語大学 外国語学部 英米学科を卒業。現在は経理業務に加え、就活生向けのイベント企画・講師を務め、面接やグループディスカッション等の対策方法を大学生に伝えている。また内定者や新人社員の現場の教育指導担当として、日々、アドバイスや目標管理などを行っている。